ともかく、小さすぎる肌着は論外!?

個性を合わせるために
車体スーツを着用する女性がいますが
そのとき、寸法決定が大きなポイントになります。

車体スーツを貼る用事が用事なだけに
小さ目の寸法を選ぶ人もいるかと思われます。

ただし、小さすぎる肌着は
カラダを圧迫する結果、血行が悪くなるなど
弱みが生まれるかもしれません。

因みに、カラダを圧迫するとどうなるかは
初めて、ブラジャーやガードルを付けた状況を思い返すという
参考になるかもしれません。

それらの肌着も慣れれば反発がない他
外すという気抜けしたように感じることもあります。
けど、手狭さに慣れて仕舞うのも
些か問題になるのでは・・・といった心配です。

最近では、思い切り重圧のある
車体スーツバリエーションの下着もありますね。

私も、とにかく取り寄せて着用したことがありますが
寸法的には適切ハズなのですが
十分に伸びない結果、着用できなかった渋い体験をしています。

私の着用施策が間違っていたのかもしれませんが
もしも、トライするときは、伝聞要綱などを調べたうえで
慎重に検討することをお勧めします。肌が弱いのは肌バリアが機能していないからです。