クルマを選ぶときの「執念」において

自家用車を選ぶときの「執念」は十人十色ですね。運転中にダメージがなくて、大丈夫走ってくれればOKという第三者がいる反面、ホイルの色あいや製図にまで、思い切り追求する第三者もいる。

自家用車の全体的なルックスとして、縁ばった物品や丸っこいものがありますが、その時代によってもトレンドがあるようです。僕が乗っているのは、軽ワゴンの人気車種ですが、どちらかというと全体的に丸っこいルックスをしています。

その前に12〜13歳乗っていた軽自動車も、どうしても、丸っこいルックスでした。そのとき、流行していたのは縁ばったものが多かった結果、転換をためらっていただけに、ニュータイプとして登場したときは「ビビッ!」という、滅多に即決進度でした。因みに、その軽自動車はワゴンタイプではありませんが、屋根が良いことにも注目されていました。

僕が選んだ2席の軽自動車は、のち、とも人気車種として注目されるようになっています。僕は、ニューモデルで購入してたっぷり股がるという姿を貫いている。そのため、下取りに有利になるカテゴリーや内側を意識する無用のですが、ふだんのわかりやすさを考えると、予め、意識してしまうね。